小坂歯科医院

摂津市 の 歯科,小児歯科,歯科口腔外科 小坂歯科医院

〒566-0064 大阪府摂津市鳥飼中1-23-3
TEL 072-653-4118

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

ドライマウス

1.ドライマウスとは?

ドライマウスとは唾液の分泌低下によってお口の中が乾燥する疾患です。特に生命に関わる疾患ではないためか、今まではあまり話題になりませんでした。しかし、社会の高齢化と共にお口の中が乾燥することを訴える方が増加しており、近年ドライアイと同様に日常生活に影響を及ぼす疾患として注目されています。
ドライマウスに特徴的な症状として以下のものがあげられます。
・お口の中が乾くことが3ヶ月以上毎日続いている。
・顎の下が繰り返し、あるいは常に腫れている。
・乾いた食べ物を飲み込むことがつらく、しばしば水を飲む。
・水をよく飲む。
・お口の中がネバネバする。
・口臭がある。
・入れ歯でお口の中が傷つきやすい。
・お口の中が粘って話しづらい。
・パサパサした食べ物を飲み込みにくい。

 

2.ドライマウスの原因は?

ドライマウスの原因には以下のものがあげられます
・糖尿病
・放射線障害
・脳血管障害
・老化
・薬(抗うつ剤・向精神薬・抗ヒスタミン薬・鎮痛剤・利尿剤など)の副作用
・ストレス
・シェーグレン症候群
これらの原因が単独で、あるいは複合してドライマウスを引き起こすと考えられています。

 

3.ドライマウスの治療は?

一般的に行われているドライマウスの治療は、口腔粘膜専用の保湿ジェルや人工唾液の使用などの対症療法が中心であり、根本的な解決にはなりません。(唾液分泌を促進する塩酸セビメリンなどの薬もありますが、残念ながら現在のところシェーグレン症候群以外は保険適用とならず、さらに副作用の問題も生じます。)
 そこで、当医院では、ドライマウスに対して東洋医学的な診断のもとに漢方薬による治療を行っております。
東洋医学では口腔は経絡(気血が流れる道)を通じて全身と広く関係しており、口腔内の病気は五臓六腑(内臓)の失調が原因で発症すると考えます。口腔乾燥という症状も、何らかの理由で内臓機能が低下したために、口を潤す水分に異常が生じた状態であり東洋医学的な診断法にもとづいて、何が原因でどの臓腑に問題があるのかを調べ、治療法を探していきます。
 例えば慢性病や老化が原因で全身の体液が不足すると唾液も減少してお口が乾きます。このような場合、水分を補い、体を潤す生薬を組み合わせた漢方薬を処方します。
また、ストレスが原因で体の気のめぐりが悪くなると、体液や血液の循環も滞るため、唾液の分泌量が減少します。このような場合は、気をめぐらせて体液や血液を循環させる漢方薬を処方します。
ドライマウスでお困りの方はご相談ください。